頸椎症、ヘルニア、膝関節症 自ら対処!

私の場合、

朝起きて、両手の指先がしびれていたので、
嫌な予感がしました。

かかりつけ医も糖尿病の悪化を懸念して、
市民病院への紹介状を書いてくれました。

MRIや末梢神経の検査をして、
頸椎の異常を指摘されました。
頸椎症とか脊柱管狭窄症とか、
ストレートネック、
という病名ですね。

ヘルニアも少しあると。

つぶれたり飛び出したりしているのが
MRI画像で確認出来ました。


けっきょく、初期段階では、
ビタミン剤が効果がありましたが、
それ以降は、
ストレッチとかウォーキングで
改善するしかない、

と判断しました。

パソコンによる前傾姿勢が原因だと言われ、
ビタミン剤は、痺れをある程度緩和してくれました。

専門医も、
薬ではそれ以上良くならないと
明言しましたね。

それで、
頸椎症のストレッチ対策をあれこれ調べて
始めたわけです。

パソコン頸椎症、
パソコン病ですね!

前傾の悪い姿勢で、
職場でも家でもやっていたわけです。

面倒でストレッチをしない日もありましたが、
最近は以下の方法で毎日やっています。

自宅で出来る頸椎症改善法

新緑の季節。

自宅で出来るストレッチと共に、

姿勢を正し、
両手を振っての野外でのウォーキングを
合わせて実践しています。

頸椎症だから、
膝関節症だから、
齢だから、

といって体を動かさないと、
さらに老化していきますから。

梅雨の合間を縫って、
ウォーキングやストレッチを
続けます!

Sponsored Links

テーマ : 頚椎症改善
ジャンル : 心と身体

メッセージ
☆ようこそ、私のブログへお越しくださいました!
ここでは、自らの体験に基づいたことを綴っております。 何か、参考になることがあると良いのですが・・
最新記事
安全に改善
最新トラックバック
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Links

☆自宅で出来る【首痛・肩こり】治療法
RSSリンクの表示
QRコード
QR